和風料理を学べばもっとクッキング上手に

和風料理を学べばもっとクッキング上手に

普段から家族みんなへ御飯も拵えたりしていても、そもそも普段の方法は
正常なのだろうか?こう心細くなることもよくあります。いまさら他人には
質問出来ないし…そんな基本的な教養を改めておさらいしてみましょう。

 

胡瓜や大根で作った一夜漬けは、毎日テーブルに並べたい一品ではないでしょうか。
一夜漬けをハンドメイドするときの塩の量の加減は、食材に対しておよそ2ないし
3%程度が適正量と言われます。食塩のみでも充分ですが、
可能であればコンブ或いは鷹の爪、しょうが等も同時に漬け込むことで趣のある味わいです
とか旨みも出ます。お浸しのベーシックな緑黄色野菜は茄子やほうれん草でしょうが、
まだ他に思い掛けない食材が適していることも少なくありません。

 

具体的にはカブの葉或いはゴーヤー、じゃがいもなども美味しく出来る野菜ですから、
作れるごはんのラインナップを増やしたい時はもってこいのメニューかもしれないですね。

 

面倒くさいおそうじも手軽にするテクニックが超便利!

 

窓ガラスを掃除するでもたくさんテクニックが編み出されています。
なにしろ砂埃やら水あかといった窓ガラスに付着した汚れはどうも気に懸かるものでしょう。

 

市販品の洗浄剤以外でも活用出来るツールは色々と存在しますし、
効果にわくわくしながらあれこれと使ってみるのもいいでしょう。

 

台所向け・園芸向けとして売られているゴム製の手袋も、
マットをお掃除するのに活躍してくれます。表面の毛が長いタイプのカーペットの
場合小さなゴミは奥の方に入りこんだ状態になりがちですが、
ゴム手袋でソフトタッチでこすれば抜け毛やチリなどが浮き出てくるわけです。

 

洗濯機をおそうじするのも肝要なのですが、普段から黒かびを防ぐ使い方を
心掛けると良いでしょう。汚れが付いた衣類を内部に残して放置しますと
菌類の増殖が進行しかねません。その為に洗い物した後の上蓋は間違いなく
開いたままの状態にして洗濯槽内の湿度を下げる様にして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ